Monthly Archives: 1月 2017

古物商許可プレート

 

最近、古物商許可プレートのお申込を数多く頂いております。聞いた話ですが、リサイクルショップやスマートフォンの普及でSNSやネットオークションで中古品売買の商売をしている人も以前と比べ多くなり、また、許可申請も他の業態に比べ比較的簡単みたいで許可申請も多くなっているらしいですね。

このプレートは、建設業の許可票など他の法定標識と違い、法律でカッチリ大きさ・色の規定がありますので、作り手側としては、非常に扱い易い商品です。因みに縦が8㎝、横が16㎝、紺地に白文字です。書体の指定は、ありませんので、①丸ゴシック②角ゴシック③明朝体④楷書体からお好きな書体をお選び頂けますので、許可をお持ちの業者様、これから許可をお考えの方は、是非法定看板.comにお任せ下さい。

昨年2016年はVR元年と呼ばれ、有名な所で言えばPlayStation VR(PS VR)が発売されるや否や即時完売と言うぐらいVR業界は盛り上がっているようです。

最近では私達も手にしているスマートフォンのアプリやYOUTUBEでもVR専用の映像が体験出来、ぐっとVRと言う物が身近になりました。

そもそもVRとは何??と思いますがVRとは人間の五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、前庭感覚、体性感覚などを含む感覚)を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系「仮想現実」という事らしいです。

いまいちよく分かりませんが「仮想現実」というのは古くから小説やテレビドラマ、ゲームなども、度々我々は体験して来ているようです。

そして今後更に科学が進歩すれば、現在スマートフォンに依存しているようにバーチャル空間に依存する人生を歩みます。

現実世界にはびこる、人間関係の悩み、仕事のストレス、好きになれない自分の容姿、こういった多くの人が抱えるマイナスなストレスが、バーチャル空間では一切不要になるのです。昨今のゲームでよくみかけるアバター設定システムの様に自由に顔も背も色も何もかもが自由に自分の思うがままに設定できます。すなわちそこは平等な素晴らしい世界があるのです。

そしてバーチャル空間にはもはや肉体など必要ありません。全ての感覚は脳で処理されますので、肉体はほとんど意味をなさなく成ります。そんな人間の姿がよく宇宙人で出てくるグレイなのでしょうかね。

現代社会にストレスを持たない人などおりませんので、今の人生に疲れている人などは、現実世界よりもバーチャルの世界の方へ向かうでしょう。

さて皆さんは、どちらの世界を選択しますか?